UP A STORM LIFE

Dear retriever, pleasure and murmur

EVERY DAY STUDIES


ダニ媒介のバベシアが東北、一関で発生したらしい。
かかりつけの獣医からも先日聞いていて
パンフレットも貰っていた。
本来あたたかい地域にしかいない原虫。

 

f:id:tessea:20170613143938j:plain

 

感染症はとても怖い。
その種類、挙げればたくさんあり
よく耳にする物も、
初めて聞いたり読めない漢字の物もある。

 

ノミ、ダニ、シラミに関する外部寄生。
回虫、条虫、トキソプラズマフィラリアなどが
おなかの中、筋肉、心臓に入り込む内部寄生。

 

ヒトにも犬にも感染するズーノーシスという人獣共通感染症。 
寄生虫感染における内部寄生に関して
一部獣医は改めて定期駆虫を推奨。
アメリカのCDC(疾病予防管理センター)や
寄生虫学協会(AAVP)も相当以前から。

2006年にヨーロッパで組織されたエスカップ(ESCCAP)は、
寄生虫に関して飼い主が知識を持ち、
我が子、周りのコミュニティ、

全て人々や動物の健康に責任を持つようにと提唱している。

 

モキシデクチン系のフィラリア予防薬を与えている飼い主は
駆虫効果が期待できないので年4回。
イベルメクチンやミルベマイシン、セラメクチン系を使用している人は
関東だと年明けの2〜3月ごろに1回程。
どの場合も駆虫は獣医に要相談。

 

f:id:tessea:20170613144020j:plain

 

今回の発生、
メディアでは闘犬が疑わしいとまとめている。
実際バベシア症闘犬同士での感染が多いらしい。
たしかに闘犬の飼い主、
飼い犬全てに予防対応をしていないのも知っている。
その犬を全国の会場に連れて行くのだから起こりうる。

 

f:id:tessea:20170613144942j:plain

 

ただ、
昨今流行りの犬連れクルマ旅。
日本全国の犬が利用する
高速道路の無料ランでも感染の可能性ゼロでは無い。

地元でも犬に対する向き合い方が色々あるように
飼い方は人それぞれ。
それが全国となると地域性や文化の違いから
躾はもちろん、
予防の価値観に温度差があるかもしれない。

 

f:id:tessea:20170613161717j:plain

 

たとえばジアルジアに感染して下痢している子犬の便がランの土壌に浸み込み
そのシストが経口感染で他の犬に入ってしまう。
そのジアルジア、子犬の4割以上が感染しているという北里大学のデータもある。
ちなみに土壌汚染感染で代表的なのは破傷風
普段の道端にもその危険性はありえる。
匂い取りでも感染する可能性とてもある。

また感染原因の運搬。
人間の靴裏にシストが付き思わぬ所まで移動してしまう場合もある。

発生例は少ないがエキノコックスも札幌で出ている。
北海道、入山後必ず手を洗って靴や衣服に着いた土や泥は
必ずクルマに乗る前にしっかり落とすというのがルールらしい。

 

f:id:tessea:20170613150156j:plain

 

獣医ではないので
掘り下げられる知識は少ないけれど

自分が出来る事として
とにかく毎朝毎晩、
犬のチェックはもちろん、
飼い主も散歩から帰ったらちゃんと手を洗うという
初歩的な事を改めて心しないとと。
犬の足裏をメインとする体全体を拭きあげるのは言うまでもない。

 

f:id:tessea:20170613145444j:plain

 

ズーノーシスにならないための
一番の防護は犬とのスキンシップをやめる事。
でもそれはとても難しい。
たぶんムリ。

おそらくぜったいムリ。。。

 

フィラリア予防やダニスポット、それと定期駆虫。
それは我が子を守ると同時に

飼い主もズーノーシスから
守るためもあるという事。
我が子と共に素晴らしい時間を過ごすため、
犬の感染症にも最低限の知識を身につけ、
犬に敬意を表し
常日頃気をつけなくてはいけないと思う。
スキンシップはその褒美。

 

f:id:tessea:20170613145222j:plain

 

いまこうしている時にも
病と闘っていたり、
手術を乗り切ってリハビリしていたり、
病理の結果で手術の日取りを待っている犬仲間もいる。
そしてお空に上がった仲間もいます。
病気は感染症だけでは無い。
犬を飼うという事は
色々な知識、常識を広く、出来得る限り深く身につけ、
間違っていない毎日の対応をとる事だと思います。

 

その為には真摯に話を聞いてくれ相談が出来、
経験談も含め犬話のキャッチボールが出来る仲間。

間違った事や違う事をはっきりと言ってくれる
本当の犬友達が心強い。

それと飼い主、
こと病気に関しては心配性なほどいいかもしれません。

 

 

 

広告を非表示にする

LIFELONG STUDY

三つ子の魂百までという故事ことわざがある。
広義でこれを犬に当てはめると社会化教育。

 

f:id:tessea:20170510124550j:plain

 

時期としては色々な研究結果が出ているが
犬種、個体も加味し

先進国の一部研究者が出した見解として
3週程度ではまだ感受が不十分。
12週過ぎは警戒心も目覚めてきてしまうので
概ね4週〜13週齢あたりが最適との結論。
その中でも6〜8週齢の警戒心が目覚める前、
恐怖心より好奇心が上回るその週齢が絶頂期。

 

f:id:tessea:20170510122205j:plain

 

動物愛護法で8週齢、

56日以前のパピ引渡しはNGというのも
概ね上記の理由も大きい。

 

f:id:tessea:20170510122213j:plain

 

記したように8週齢というのは

まだまだ絶頂期。
しかし突然環境が変わってしまうという状態を
人間の都合で作ってしまう。

 

愛護団体もその辺りはザワついている。

 

f:id:tessea:20170510122226j:plain

 

また別な研究結果でその時期に

母親等から厳しく罰せられたり、
この個体に合わない育て方を受けた子犬は
のちに犬社会、人間社会において

絆を作りにくく、
適正な育て方で優しく育てられた場合は

友好的な関係を築きやすいらしい。


では優しく優しく育てればいいのかと言うと
甘やかし何の罰も受けなかった子犬は
躾も入りにくくわがままな成犬になる可能性がとても高いとの論文。
要するに適宜適度に罰(しつけ)を与え

自分より強い個体、
上の個体に素直従順させる教育が

必要との結論らしいです。
その時期、人間の関与だと

社会でのルールや食事、排泄などの躾がこれにあたる。

 

母親というのは適正な社会化が済んでいる
ある程度歳の離れた先住犬も入り、
親の役目は血縁関係なくその犬もやってくれる。

 

f:id:tessea:20170510124321j:plain

 

そこまでが社会化の基礎らしく
その後13週齢(3ヶ月)以降からは
犬が一生涯の間で出会うであろう
様々な刺激を与え続け

第二次社会化を構築していく。

 

f:id:tessea:20170510124653j:plain

 

老若男女、

騒音を含む色々な音、

匂い、

様々な年齢の多犬種。

etc。。。

要は生活に存在している全て。


犬の5感を刺激する事で物怖じせず

社交的な性格がはぐくまれてくるとの事。


それを1歳あたりまで続け

適応能力を養ってあげるのが飼い主の務め。

 

f:id:tessea:20170510124353j:plain

 

ただ、それで終わりではなく
やはり継続的に

色々な刺激を与え続ける必要があるとの事。

 

f:id:tessea:20170510124423j:plain


でないと

ストレスを溜めやすい犬になってしまい
健康、性格、行動等にも影響する。

 

自分の犬をドメスティックドックにはせず
飼い主として時間を割きたい。

 

f:id:tessea:20170510124620j:plain

 

犬にはたくさんの経験が必要。


犬を迎えたのであれば人間同士の付き合いは
許される範囲の必要最低限でお茶を濁し、
自分の趣味は封印する覚悟が素晴らしい。

 

f:id:tessea:20170510124448j:plain

 

趣味が欲しければ、

犬と一緒に経験を積める、

身の程にあった事柄を探せばいい。


間違っていない全霊の向き合い方であれば
互いに心が見えてきて
我が子からもより近づいてくる。

 

f:id:tessea:20170510124457j:plain

 

お散歩だけでは社会化継続教育、
10%にも満たないと仰るトレーナーもいます。


躾もアメとムチを使い分け、
しっかり飼い主がアルファーになる事が必要。


その積み重ねた愛情がかならず見えてくる。


でも決して怒ってはいけない、躾で叱る様に。


年齢を積み重ねてきて飼い主を困らせる性格に変わらない様に。
飼い主、一緒に歩み、

我が子愛情の為に生涯勉強。

 

f:id:tessea:20170510124717j:plain

 

頑張れば我が子とアルファ、

誰も入れない以心伝心。

 

言葉はいらない。

誰もがうらやむ素晴らしい関係が出来ている。

それは自分の努力の結果。

 

f:id:tessea:20170510124746j:plain

広告を非表示にする

OWNER’S MIND


大型犬を連れていると

周りのリアクションもいろいろで
あからさまに怪訝な顔をする人もいるし
怖がり泣きだす子供もいる。

 

f:id:tessea:20170501142842j:plain

 

バイオリズムが調子悪いと
「でっけ!!」に代表されるすれ違いざまの
勝手な感想はまったく褒め言葉には聞こえず
我慢して見ないでスルー。

 

f:id:tessea:20170501143247j:plain

 

吠えまくってくる小型犬には毎度閉口するが、
「おまえじゃ勝てないよ」
「喰われちゃうぞ」的なセリフには
飼い主をねじ伏せたい。

 

f:id:tessea:20170501142950j:plain

 

斜めから和かに近寄って来てくれ、
しっかり低くなって

挨拶してくれる人と出会ったりすると
保護者はとても安心で嬉しくなり、
その和かが穏やかな気持ちになる。

 

f:id:tessea:20170501143010j:plain

 

その時しっかり対応している我が子達には
これまでの向き合い方が

間違っていなかったと思う時もあるが、
どんな場合もリードは短く

何かあった時にすぐ引けるように

心は緊張。

 

f:id:tessea:20170501142858j:plain


犬にとって絶対はなく、
いつどんなシチュエーションでも
リードを握っている飼い主の

心構えが大事だと思う。

 

f:id:tessea:20170501142937j:plain

 

つい先日高速道路のSAで4匹のピッドブルが
同じSA内にいたチワワを襲い殺したという

悲報があった。
ピットブル、

色々な国や州で危険犬種に指定されている犬。
それを4匹とも1本のドッグポールに係留し
飼い主はその場を離れたらしい。
同じ犬飼として許せない。
私はドックポールの設置自体反対だし、
そこに自分の犬を係留し

その場を離れるすべての飼い主を

軽蔑する。

感情的には飼い主を極刑にしてもいいと思う。
しかしそこにドッグポールなど

無用な物を設置するから
今回の悲しい出来事もおきてしまった。

我が子のリードは離したら絶対いけない。

 

f:id:tessea:20170501144218j:plain

 

犬の飼い方はそれぞれで、
我が子に求める感情や期待も色々。
でも大型犬を飼うという事は
同時に飼い主もたくさん勉強が必要だと思う。
色々な話に耳を傾ける

フレキシブルな気持ちも必要。
その内容を自分の頭に入れる努力も大事。

もちろんそれは健康長寿に繋がる内容もある。
その知識で我が子を躾ししっかり向き合い、
外でも恥ずかしくない犬にしていく。

犬もストレスが少なく長生きになる。

 

f:id:tessea:20170501143114j:plain


犬が苦手な人をすこしでも怖がらせない心がけも必要だと思う。
リードを握りしめる力をすこしだけ緩められる時を目指し、
日々毎日の積み重ねが必要だと思う。

 

f:id:tessea:20170501142921j:plain

 

とかく暑さが苦手な犬達を日中に連れ出せる

陽春の時期。
季節を感じに

オープンな場所に行く場合もあるが、
うちら犬飼いはどうしても

自分たち中心に考えがち。

 

f:id:tessea:20170501143021j:plain


飼い主のリラックスは我が子にも伝わるから
色々な場所に連れて行くのは

賛成なのだけど、
大型犬、
飼い主一人一人の心構えがとても大事。

 

f:id:tessea:20170501143036j:plain


第三者が見て、
犬に散歩させられている風に

見られない様に頑張りたいです。


犬嫌いな人から見ても
舌打ちされない様に

しっかり周りに気を配りたいものです。

 

f:id:tessea:20170501142745j:plain

広告を非表示にする

EARLY RISING WALK

 


1日の始まり

我が子達との朝の散歩はとても大切だと思う。

 

f:id:tessea:20170411161930j:plain

 

犬を迎えていなかったら
この時間に歩く事
自分の場合はまず無い。

 

この子達を迎えたから
肌で四季折々も感じられる。
人としてもすごく幸せな事。

 

犬を迎えようと思う以前から
ロングコートの大型犬と

歩いている自分を想像していた。

 

f:id:tessea:20170411161945j:plain

 

犬達も家から出てのお散歩、
たくさん感受するのでとても大事。


リビングだけ、

我が家の庭だけだと受ける刺激が少ない。

外部の情報は絶対必要。

 

今いる家庭犬、

全般的に運動も足りていない。

エネルギーが有り余って問題行動もおこす。
起こさないまでも落ち着きが無い。
ストレスもたまって

生活にも健康にも支障が出る。

性格にも影響する。

ストレスの無い生活は素晴らしいコートを作り出す。

ランに来てすぐ全開で走るのは
日頃の運動が間違えなく足りていない。

運動不足からくる筋力不足

シニアになればかならず影響が出てくる。


犬が受ける若い頃のストレスは
一生にも影響すると思う。

 

f:id:tessea:20170411161959j:plain

 

ストレスな犬、

素直にシグナルを出してくれればいいのだけど
気づかない飼い主いるし
しまい込む犬もいる。

犬の自閉症もある。

 

f:id:tessea:20170411162013j:plain

 

冬は日の出前に家を出て
朝日を浴びながら家に帰る。


最後は玄関までノーリードダッシュ。

二人で浮遊犬。。

 

f:id:tessea:20170412101529j:plain


おおよそ4〜50分。
保護者は歩数にして5〜6,000歩ぐらい。


途中に早歩き。
トゥロットよりちょっと遅いくらい。

これで保護者も共に運動で健康。

Coffeeがやたら美味しい。


目の前のランでも少し遊んであげる。

ただランもいいけど外部の刺激も大事。

ランは同じ情報しか無い。

だから街中も歩く。

 

f:id:tessea:20170411162036j:plain

 

夏は暑くなる前に戻るので
冬より早く5時には出発。


朝もやの中を歩くのも自然を感じられ、
大地のパワーをもらえる感じがする。
休日は車、走っていない。

 

f:id:tessea:20170411162054j:plain

 

桜の時期になるとどうも日本中がその話題。
我が子ももちろん綺麗に撮影。

記念日、節目に限らず
季節の出来事には

しっかり残せる写真を撮ってあげたい。

 

f:id:tessea:20170411162114j:plain

 

毎日が誕生日の我が子達。
毎年写真に写る思い出の重さや量も違う。

今年と来年ではまったく違う。


いま普通に出来る事。
犬を迎えたなら

1日の始まりは
朝の散歩から始めたい。
信頼関係を作りたい。

犬は友達じゃない。

癒しの道具でも無いし
寂しさを紛らわすおもちゃでも無い。

 

今朝、近所の神社。

桜が満開でした。

 

f:id:tessea:20170411162140j:plain


25年ほど前、
子供とボール遊びしたこの場所。
その事を思い出し懐かしく、
今は犬と散歩してる自分。


25年の足跡を思い出し

早朝からゆるく感慨。

 

時間は戻らない。戻れない。


朝の時間、

忙しければその分早起きすればいいだけ。
早出の仕事、

その分早くお散歩に出ればいいだけさ。

f:id:tessea:20170411162213j:plain

 

今できる事、

すこし無理をすれば可能な事を
我が子と共にやっていきたい。

 

思い出の重さや量だけでなく
質もあげたい。

 

今を大切に。
後悔しないように。

.

 

 

広告を非表示にする

THE STARTING POINT IN A CAMP

 

 

「お兄ちゃん達、今晩泊まるんけ?
 死ぬど、しばれっから暖かくしろよ!!」
 村役場前にいたじっちゃんから言われました。。

 

f:id:tessea:20170327155830j:plain

 

昭和60年11月22〜23日。
30年以上前。
長野県にあった

某アウトドア雑誌が発信したキャンプ場。

 

村役場の窓口が受付。
1日村民になり利用するというシステム。
ゆるい決まり事しか無かった。
勿論管理人もいない。

 

f:id:tessea:20170327155846j:plain

 

夜の宴会も終わり、

集めた薪も明日の分を残して心細くなってきたのでほんじゃ寝よかと、、、。

じっちゃんが言ってた意味がだんだんと実感。
寒くて寒くて寝られなかった。

標高1,000mの雪山。
若気の勢いで完全にナメてた。

 

それでもお酒の酔いでウツラウツラしてたらテントの外から変な音がする。

ヨッパもあり熊だと思って
目つぶってシュラフにもぐりテントの中で寝た振り。

熊が見てないのに寝たふりしてどうする!!って話しだけど。
じっちゃんが死ぬど!!って言ってたよなと。

外は異様な静寂。
弱気な自分、違った方向に進みはじめ、
寝たふりしながら涙目。
まだいろいろやりたかったのにと。


そのうち素直に寝ちまって爆睡。
そしたら当然朝がきて。
マタギじゃないからケモノの殺気がわからない。
でも異様に静まり返ってる。

 

周りのケモノを追い払うために
意味なく威圧的に無駄な大声を出してテントを開け始めた記憶。

たぶん熊がいたら戦うつもりだったのかも。

手にはペグハンマー。

ゴム製だったけど。。

若いって素晴らしい。


そしてゆっくりと外に出たら、
いちめん銀世界。。。

 

f:id:tessea:20170327155915j:plain


あの変な音は雪がテントから滑り落ちる音だったと判明。
どおりで異様に静まり返ってた訳。

小僧のヨッパ笑える。

 

f:id:tessea:20170327155937j:plain

 

でもこの時の感動、

30年以上たった今でも記憶に濃い。
あの感動。
心も汚れてる今はもう
味わえないんだろうなとちょっとセンチ。

 

砂防もあって、
真ん中をせせらぎが流れてて
最高のロケーション。

 

f:id:tessea:20170327160040j:plain


こんな素晴らしいキャンプ場、
以来出会っていない。

 

f:id:tessea:20170327160105j:plain


懐かしいロッジテント。

ドームテントなんて無い。

ロッジか参天。


当時キャンプはまったくメジャーではなく
アウトドアショップなんてもの無い。
コールマンだってモロ輸入モノ。
いつも新宿の登山専門店にいってた。

 

f:id:tessea:20170327160114j:plain

 

千曲川河川って写真に書いてあった。

タープなんて気の利いたものはほとんど無いからブルーシート。
雨の日は両脇四駆車でのブルーシート屋根必須で
センターポールは現地で拾う材木。
奥の俺の参天、今どこにあるか不明。

 

f:id:tessea:20170327160128j:plain

 

5合目まで四駆でいけた富士山の登山道。
廃山小屋というか飯場跡だと思う。

フレンドリーな外人グループと遭遇。
彼らのノリの良さは今でも覚えてる。

 

f:id:tessea:20170327160143j:plain

 

僕のダッツンに乗って手を広げてるボマージャック来てる外人。
ドゥービーのパトリック・シモンズにすごく似てた。
ひょっとしたらマジそうだったんじゃないかと
今でも思ってる。。

お忍びで日本に来てたのじゃないかと。
うん、そういう事にしよう。

思い出だから。。

でもたぶん軍人さん。

 

お互い言葉通じないのにこの後みんなでコーヒーブレーク。
真ん中の黒MAが自分。
身長180ぐらいある僕より左の2人は高く、
改めて外人でっけぇ〜っと、素直に負けたのを覚えてる。

目前に見たタトゥー。

無駄に焦ってすかさず敬語を使った。

通じてないのに。

 

四駆とバイク。
それとバックカントリーに憧れていた若い頃。

この頃から大型犬も頭にあったな。

毛の長い茶色や白色のでっかいワンコ。

、、いまいるね。。

 

若い頃は痛い思いもかなりしたけど。。

 

f:id:tessea:20170327161404j:plain

 

結局素晴らしいキャンプ場。

その後のアウトドアブーム。
一時はネコも杓子もアウトドア。
鍵をかけるなんてことをしない

田舎の静かな町に都会が入り込んでしまった。
極端にモラルの無い人が増えて、
村人達の蓄えている薪を盗んだり、畑の野菜を盗ったり。。
途中のゴミの投げ捨ては勿論で、それはもう大変だったらしいです。

地元とトラブルが絶えなくなり閉鎖。

その流れというか血をひいてるのが今あるビーブリッジだと思う。

 

f:id:tessea:20170327160230j:plain

 

昨今のようにアウトドアというスタイルが
出来上がって無い時代。

 

キャンプやるのは山登りの人とボーイスカウト

あと僕たちみたいな生粋の変態しかやってなかった。

 

f:id:tessea:20170327160317j:plain

 

仲間でやるグルキャンは楽しいし、
高規格の至れり尽くせりや
ドッグフリーサイトのキャンプ場もそれはそれで楽しい。

でもたとえオンリードでも
こじんまり、我が子とだけで行く、
あまり周りにキャンパーがいない場所でのキャンプはすごく濃い。

我が子がそばにいて、

ちょっと強いお酒を飲みながら

焚き火を眺める。

ゆるく音楽がある。

星もたくさんある。

今年はちょっとそんな気分。

 

f:id:tessea:20170327161443j:plain

 

EVERY DAY,IMPORTANTLY.

 

先代COLEは9歳5ヶ月でお空。

 

f:id:tessea:20170321180224j:plain

 

血管肉腫というとても憎い病。
今の医学を持ってしても
かかってしまったら

神様に任せるしかありません。

 

f:id:tessea:20170321180235j:plain

 

7月のドッグドックで太鼓判の健康体。


9歳になったばかりの彼、
診察台に飛び乗るくらい

足腰もバッチリでした。

 

f:id:tessea:20170321180246j:plain

 

2ヶ月後の9月某日、

産まれて初めて御飯を拒否。

その2ヶ月後、臓器不全でお空。

 

それまでの彼は

ほとんど病院知らずの健康優良児でした。

 

f:id:tessea:20170321180307j:plain

 

最近思うのだけれど
お別れを経験している保護者と
していない保護者には
かなり温度差が感じる時がある。

 

いつかは神様に返さなくてはならない我が子。


経験者はそれを常に考えて

現実として受け入れて、
毎日を過ごしている。
経験も知識に変え、

よりその情報を増やそうと努力をする。

スキルもあげようと日々頑張る。

 

f:id:tessea:20170321180321j:plain

 

でも未経験者、

病気という事についても危機感が浅く、
知識も乏しい感じが見受けられてしまう。


すべて病院任せ。

もちろん病気になったり怪我をしたら
プロのお世話になるのは当たり前なのだけど
自分なりに知識を得ようとしないので
獣医の説明を聞いても納得度が低く、

理解出来なくても確認しない、出来ない。
原因も根本追究して日頃に反映させないので

再発もありえる。

仲間にもうまく伝えられない。

また。病と闘っている仲間の病状を聞いても
知識が弱いから理解出来て無く伝達出来ない。

他力本願。

 

f:id:tessea:20170321180333j:plain

 

我が子がいつかいなくなるのは
なんとなくわかってはいるのだけど

真摯にその事を捉えずに

今が楽しければいいと。


もちろん同じ飼い主として

その気持ちもわかる。


でも日頃の危機管理感はとても必要だと思う。

 

f:id:tessea:20170321180344j:plain

 

我が子が若い時はまだそれでいい。


7歳、8歳と年齢が上がっていくにつれ
我が子が出しているサインを
まったく気がつかない飼い主と
すぐキャッチし、

リアクションできる保護者とでは
ワンコのストレスかなり違ってくる。


私たち人間に適度のストレスは必要だけど
ワンコには何事にも耐え難い。


保護者都合での振り回しや
我が子の心を読めないギャップのストレスは

虐待に値する。

 

f:id:tessea:20170321180358j:plain

 

毎日のスキンシップもすごく大事。


大型犬を迎えたなら、

朝晩お話しながらの

排泄の為だけでは無いお散歩は当たり前。

 

体全体をくまなく触れてあげ

異変のチェックは言うに及ばす、
お散歩から帰ってきた後の足裏の洗浄や乾燥、そしてブラッシング。
毎日の歯磨きやお耳のメンテ。

 

最低でも月一のシャンプーと

必要であればグルーミング。


この子を迎えたならやらなくてはならない事

他にも毎日たくさん。

ワンが参加できない自分の趣味、

やってる時間なんか無い。

ワンは1人で留守番、

自分だけ飲み会なんてそりゃあかん。

昼も保護者だけでランチなんて

聞いただけで悲しい。

ワンコは保護者に一途。


お腹周りや脇の下もスキンシップで仰向けに、
今時期はダニの有無も含め

しっかりと見てあげる。
そのためにも躾は重要。

どんな場合でも保護者との疎通は大事。

いかなる場合も保護者の指示は守らせないと、

時には命に関わる。

 

未経験の保護者、

もっとこの子達の一生を見つめて欲しい。

もっと経験者の啓蒙を受け入れて欲しい。

私たちよりすごく短いこの子達。

自分が癒されたいのを卒業して、

改めて我が子と向き合って欲しい人が

僕の周りにもいたことが残念だった。

 

f:id:tessea:20170321180409j:plain

 

神様に呼ばれる順番が来るまで
ストレスフリーの健康な我が子でいてもらえるように、
大事に大切に毎日を過ごし、
1日でも多く一緒に思い出を残したい。


そのためにも尊厳を含め、
世界でどのワンコよりも

一番幸せな我が子を絶対目指す。

 

飼い主は誰よりも幸せな筈だから。

 

f:id:tessea:20170321180419j:plain

.

 

 

 

 

広告を非表示にする

SNOW-MOUNTAIN

 

雪を求めて信州まで。
関西の友達も来てくれて
青空にも恵まれ
最高の2日間を頂きました。

 

ゴルが11匹。
ピレが5匹。
人が21人。

  

f:id:tessea:20170314175557j:plain

 

宿から遊び場所までの裏山トレッキング
だんだんとみんな無口に。。

 

f:id:tessea:20170314175104j:plain

 

でも裏山を抜けるとそこはパラダイス。

 

f:id:tessea:20170314175125j:plain

 

うちらしかいません。
だーれもいません。
遠い稜線には樹氷もある。
そっこくフリーね。

 

f:id:tessea:20170314175150j:plain

 

時折スキーヤーが通り抜けるけど
ワン達もまったく関せず。

互いに会釈でお互いに大自然を共有。。

 

f:id:tessea:20170314175521j:plain

 

と思ったら
うちのおぼっちゃんだけ
営業に行ってました(笑)

 

f:id:tessea:20170314180616j:plain

 

SOFYとGYŐRは飛んでみたり

 

f:id:tessea:20170314183303j:plain

 

全開で駆け下りてみたり

 

f:id:tessea:20170314175536j:plain

 
SOPHIEはパパのお腹に乗ってみたり。

 

f:id:tessea:20170314185841j:plain

 

BUDDYとBOND、
向こうはHARUとURARA

 

f:id:tessea:20170314185843j:plain

 

雪と大型犬って最高の取り合わせ

 

f:id:tessea:20170314175549j:plain

 

GYŐR、SOFYからちゃんと教わっていて
呼び戻しに不安はなくなってきました。
付かず離れずの姉弟。

 

保護者もワンもみーんな楽しい筈。
大型犬迎えたなら

絶対連れて行って欲しい雪遊び。
それもランやリード付きで遊ばせるのではなく
とにかく大自然の中で自由にフリーに。

 

f:id:tessea:20170314175718j:plain

 

宿は他のお客がインフルでキャンセル。
なもんでうちらだけの貸切。。

だから館内フリー。

 

f:id:tessea:20170314175745j:plain

 

昔ながらのスキー宿って感じ。
味がある宿でした。
オーナーも個性たっぷり。

10年通ってる友達から
好き嫌いははっきりする宿だよとは聞いてた。

 

うちは後者。。

 

f:id:tessea:20170314175748j:plain

 

若い人うちの部屋に集合!!ってLINE流したら
とーちゃん達は来なくて
若い主婦(自称)だけが3人来ました(笑)

12時お開きのつもりが1時に。
でも楽しかったね。。

 

SOFYとGYŐRはとっくに寝た。

 

f:id:tessea:20170314175840j:plain

 

翌朝。
7時でマイナス8度ぐらい。。
でも風もなくいい感じ。

 

f:id:tessea:20170314175804j:plain

 

ここは本州の最低気温を持つ場所らしい。
だから雪質最高。

標高1,500m。

昨日の雪山、

たしかに上の方のが雪質よかった。
樹氷もできる筈だね。

 

f:id:tessea:20170314175813j:plain

 

期待してたのだけど
ダイヤモンドダストは見れなかった。

昨夜もまん丸のお月様。
星空は明るすぎてダメでした。

 

f:id:tessea:20170314175830j:plain

 

床暖房の部屋。
保護者は嬉しかったけどピレ達には暑すぎたらしい。

なもんで廊下で一休み。
DG兄さん達の間になぜか入ってみたGYŐR。。

 

f:id:tessea:20170314175820j:plain

 

翌日は地獄のトレッキングをパスして
他の場所で炸裂。

GYŐRは遊ぶ気満々。

 

f:id:tessea:20170314175917j:plain

 

2日目も最高の青空。

 

f:id:tessea:20170314175956j:plain

 

今回、初めましてもいたのに
みんな仲良く遊べた。

えらいえらい。。

 

これ、
毎日の保護者努力もあるよ。
ちゃんと我が子と向き合ってるって事さ。

 

写真、

KUUとKARL、それとGYŐR。

歳が近いからよく遊んでました。

 

 

f:id:tessea:20170314175958j:plain

 

僕はせっかく来てくれた関西チームに

少しでも思い出を残して頂こうと
2日間我が子達を面倒みつつ
けっこう真剣に撮影。。


1,000枚ぐらい撮ってました。
最近は以前と違って無駄に撮る事が無くなって
撮影枚数も減った。

 

f:id:tessea:20170314175941j:plain

 

その中での最高の写真。

結局うちの子保存版。。

 

f:id:tessea:20170314175022j:plain

 

来年もみんな元気で集合出来ればいいね。

2017年雪遊び。
都合で2回ほどしか行けなかった。
来年はもっと
たくさん連れて行ってあげないと。

 

この子達は毎日歳をとる。

今を大事にしたい。

来年の今日は今と違う。

この子達の1年は私たちだと軽く6〜7年。

その瞬間をとにかく大切に。

気がついてもすでに遅い。

病気になって気がついてもまったく遅い。

ワンを迎えたなら

全霊でこの子達に時を使いたいです。

 

f:id:tessea:20170314180008j:plain

広告を非表示にする